2010年10月15日

谷亮子は引き際を間違ったんじゃないか?

柔道の谷亮子が現役引退。十代の頃から応援してきた好きな選手だったけど、とうとうこの時が来た。

さすがに年齢的に衰えも感じさせてはいたが、実力的にはまだまだやれそうなイメージもあっただけに残念だ。

ただ、辞め時を間違えた印象が強い。ベストのタイミングは参院選に出馬を決めたときだったと思う。素人目に見ても議員をやりながら世界各国で開かれる柔道の大会で、オリンピックに向けてのポイントを稼ぐのは、どう考えても無理でしょう。しかも強化選手のランクも下げられちゃっては議員と選手の二束のわらじは無理だと悟ったんでしょうね。

まぁ参院選出馬を最後に決断したのは本人なのだから仕方ないが、最大のガンは票集めのために谷を利用した民主党と小沢一郎だろう。

引退会見で、谷のことを応援してきただけに引退は驚いてるなんて調子の良い事言ってたが、お前が議員に勧誘したからこうなったんだし、予想できる事態なんだから驚いたもなにも無いだろう。

別に谷が議員になるのはぜんぜん問題ないし、議員としてスポーツ振興のために元選手がそういった仕事をするのは現場の現状を直に知ってるし良いとは思うんだよね。

ただ、やっぱり現役時代は選手としてしっかりプレーするのがベストだと思う。特に議員なんて時間はかなり拘束されるだろうし、不規則な生活が続きやすいので体調管理も難しくなるだろうし。

ただ、谷が残した成績は誰にも文句をつけられない素晴らしいもの。素晴らしい試合をたくさん見せてくれた彼女にはお疲れ様って気持ちでいっぱいです。あとは議員としてしっかり国政を任せられるような人物になってほしいです。
posted by ちゃん at 20:05| 神奈川 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
女子柔道から引退しなくてよい。参議院議員から引退してもらいたい。
スポーツ振興のための議員などいらない。文部科学大臣がやればよい。
Posted by 左巻き菅 at 2010年10月15日 20:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。